外国人が不動産を購入するときの手続き

日本国内にある不動産は日本国民だけが購入できるわけではなく、しかるべき手続きを通せば外国人であっても購入することが出来ます。


この場合における外国人というのは実際に海外で暮らしている外国人だけではなく日本国籍を有していない人も含まれるので、外国籍を有している人はきちんとした手続きで不動産を購入するように心がけなくてはいけません。



一般的に、不動産の取引の時にはその物件を管理する会社や仲介業者を通して手続きを行わなくてはいけませんが、外国人が取引を行う場合にはこうした会社や業者を通して本人が直接的に取引をすることはほとんどありません。
何故かというと、外国人が取引をする時には専門の法律家を通して手続きを行わなくてはいけないからです。

外国人の不動産の購入に関しては、登記をする際に専用の登記の手続きの方法があります。こうした外国人専用の登記のことを渉外登記と言い、日本人が購入するときとは異なった方法で法律に従って行わなくてはいけません。

産経ニュースの情報が沢山詰まったサイトです。

渉外登記の手続きは非常に複雑で、素人が行おうとしてもそのやり方は真似をすることは出来ません。


実際に、国籍を証明するために大使館から専用の書類を取り寄せたりしなくてはいけないので、準備も大変なのです。

府中の不動産の情報サイトを利用して良かった。

取引をする時に不動産会社と法律家が外国人を代行して行うことになるので、その都度きちんと説明を聞いておかなくてはいけません。

こうした登記の方法は相続の時にも役に立ちますので忘れないように手続きをしましょう。